埼玉県川口市・さいたま市・鳩ヶ谷市・蕨市・東京都での相続税対策・相続手続き・遺産相続対策
「相続とは?」 を知るサイト。借金のある方・不動産のある方・分割の方法が難しい方の相続はお任せください。


あなたの意思と資産を守ります。
波風立てずに始める、専門家による安心の
相続対策・遺産相続 ・ 遺言 ・ 相続手続き代行なら、
時間の無い方、忙しい方のための
あい相続対策支援会。
 
ここに当てはまる方は、
すぐご相談下さい
  相続手続き 遺言     相続税・節税対策

成功者は元気な内に始めています。判断力が元気な内に、60歳が近づいたら、すぐ始めましょう。
 
相続のことは気になるけど、何から始めればいいかわからない。 そんなあなたのお悩みを解決いたします
波風を立てずに、安心して出来る相続対策。
「相続なんて、まだ早いよ!」と思われるかもしれません。

しかし、相続で、なんら争いなく成功されていらっしゃる方の共通点は、
55歳を過ぎるころから、
相続対策・相続税節税対策
をご相談頂いた点です。

大事なのは、
元気なうちに、意識・判断力がしっかりしている内に始めることです。


 すでに、相続が始まってしまった方も、
 是非ご相談下さい。

            
まだ、間に合います。

 問題解決の手段・相続税節税対策は、まだ間に合います。
相続には期限も
あります。

早めの対策が運命を
左右します。 
是非、お気軽に
メールまたはお電話

048-256-1431

を下さい。

お問い合わせは、
ここをクリックして下さい。

  相続に詳しくなる。!

とりあえずは、軽く相談してみる。
  電話・メール  
 でのご相談はこちら
から

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 あい相続対策支援会

      について

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥   相続が始まっていても、
 相続税対策・相続対策
    は間に合う!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ここに当てはまる方、時間の無い方は、すぐにご相談下さい
相続の知識を身に付ける
相続の開始-相続はいつ、
 どうやって始まるのか?

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続人の範囲と相続分
 誰が相続人になるのか?

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続人の相続分と順位
法定相続・代償分割・換価分割

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
内縁の子
(非嫡出子)の相続分-認知

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
腹違いの兄弟の相続分
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
胎児の相続分
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・
養子の相続分
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続できない人
 相続欠格と相続廃除

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
代襲相続-相続人が
   既になくなっていたら?
   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・
相続したくない時 @
単純承認相続と限定承認相続

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続したくない時 A
        相続放棄

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
特定の財産を相続
 包括遺贈と特定遺贈

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥相続分が増える-寄与分
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥どのくらい
相続分が増える?
寄与分A
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺留分-侵害できない相続分
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続分を取戻す
    遺留分減殺請求権

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続の対象となる財産
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥相続財産の調査方法
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
マイナスの財産
     ・連帯保証と相続

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
住宅ローンの相続
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
死亡退職金の相続
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
借地権・借家権の相続

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
会社・経営権の
      相続・事業継承

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
離婚後の相続
扶養請求権や財産分与請求権

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺産のわけ方
     ―遺産分割協議

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

相続人に
    胎児がいる場合は?

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺産分割協議に
       参加できない。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・
遺産分割協議書
         の記載内容

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・
遺産分割協議が出来ない時。
話合いがまとまらない場合。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺産分割を
     延長できる場合

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・
遺産分割協議前
   のチェックポイント

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
失踪宣告者が
       帰ってきた?
  遺言-上手な財産の残し方
なぜ遺言が必要か?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺言とは?  
   どんなことが出来るか

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺言で義務を負わせる
         -負担付遺贈

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

どういった場合に
        遺言が必要か?

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺言で、子供を認知する。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
生前贈与と遺贈
       どちらがよいか?

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
特別受益
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺言執行者は必要か?
        その職務
とは
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
愛人に
 財産を渡す事が出来るか?

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺言の種類と特徴
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺言書を発見したら?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺言信託とは?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺産分割協議後に
        遺言を発見。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
未成年
 精神病・痴呆などの場合
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
死の間際で
  遺言を残したい場合は?

相続の手続き
相続の手続き
        -不動産の場合
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続の手続き
       −預貯金の場合
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続の手続き
       −相続手続き図解
絶対損したくない!
相続税と贈与税の節税対策
相続税の対象となる財産とは?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
プラス・マイナスの相続財産
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税のかからないもの
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の対象とはならないもの
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税-非課税-葬儀費用
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税がかからない。
     相続税の基礎控除

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
6種類の相続税控除
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の評価方法
         -土地の評価

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
普通借地権付き土地の評価
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

定期借地権付き土地の場合
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
小規模宅地の評価の特例
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税対策-建物の評価
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税対策
       
-有価証券の評価

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税対策
        
-保険金の評価

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税対策
    -
退職手当金等の評価
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税対策-預貯金の評価
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税対策-年金の評価
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税対策
  -
書画・骨董品等の評価

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税対策
     -ゴルフ会員権の評価

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の算出方法と手順。
        手順1

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の算出方法と手順。
        手順2

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の算出方法と手順。
        手順3

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の算出方法と手順。
        手順4

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の算出方法と手順。
        手順5

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続時精算課税制度
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続時精算課税制度の要件
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続時精算課税制度
を利用する際の手続き

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
住宅取得資金等に係る
相続時精算課税制度の特例
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
贈与税の配偶者控除
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
住宅取得資金贈与の特例
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の延納
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
延納期間と延納利子税
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の物納
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税物納できない財産
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税物納・財産の評価額
 ■ ご相談・ご依頼の手順
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  お問い合わせ
     料金について

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ■ ご依頼料金比較例
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ■ あい相続支援会からの
    お手紙 1 ・
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  お客様に人生最高の
 作品を遺して頂く為の修行記

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 不動産のことならハーネス
 


自分の意思を遺すもの。

 

最近では、しっかりとした自分の生きてきた姿、
自分の想い・意思を遺しておきたいというご相談者様も
増えてきました。

これまでは一般的に、遺言により意思を書き記し遺して頂く
事を進めてまいりました。

 確かに遺言では、このように、法定相続分とは、違った相続割合で
自分で相続分を指定して相続させたい場合などには、効果があります。

 

しかし遺言は、
あくまで制度上遺産分割や相続後の後処理を

円滑に進める為に、
被相続人(遺言を残す方)が規定する最期の
意思表示
の様な物であって、
自分の想いや意思を自分の後世に遺す趣旨の

物ではありません。

 あくまで制度上の物であって、
本当の意味で自分の想いを遺せる物ではなかったのです。 

(しかし、円滑な相続の為には、遺言は必要です。
そのため、その作成方法・用件などは厳しく民法で規定しています。)

 そこで、最近では、エンディング・ノートなどで
自分自身が本当に生きてきた姿や
後世・家族に伝えたかった意思・想いを残す方も増えています。

そんな中、私どものご相談者様の中にも、

「何かこう・・・遺言だけでなく、何か形として何か残しておきたい。」

「自分の生き様を残すような、物は作れないか?」

と言ったご相談も増えてきました。

 

 そこで、
私はそんな皆さんの切実な想いに答えるべく考えに考え、

陶芸を思いつきました。

 昨今ブームになりつつある陶芸。

あの粘土をこねて、無心になり、自分の理想を作り上げる喜び。
そして、焼き上がり、自分の新たな才能が目に見えて現れる感動。

 
誰もがハマッてしまう、この伝統工芸が高齢者だけでなく
若い世代にも広がっているのも、理解できます。

 
私自身、陶芸は体験したことすら、
興味を持ったことすらありませんが、

このような、無心になって自分を表現できる最高の趣味にこそ
自分の生き様を遺せる可能性があるのではないか?と考えました。

そして、皆さんに生き様を遺して頂くべく、
まずは自分自ら身をもって,陶芸を、
未経験から体得していきたいと

思ったのが、この「最期に遺すもの」のきっかけです。

ここでは、未経験から、陶芸を体得していく姿や
創作方法を伝えていきますので、
これから陶芸を始めてみたい方にも、
いい参考材料になると思います。

 

是非、ご覧になってください。
よろしくお願い致します。



                      次の陶芸修行記へ 


こちらも、よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最期に遺すもの。

遺言だけではない相続手続き。
陶芸で人生最高の作品を残しませんか。

相続手続き相続税対策
知らないと損をする賢い節税対策
あなたの資産を守ります。

 リンク     |お問合せ|          |ホームへ|         |ページトップ▲|