埼玉県川口市・さいたま市・鳩ヶ谷市・蕨市・東京都での相続税対策・相続手続き・遺産相続対策・相続相談
「相続とは?」 を知るサイト。借金のある方不動産のある方・分割の方法が難しい方の相続はお任せください。

波風立てずに始める、専門家による安心の
相続対策・遺産相続 ・ 遺言 ・ 相続手続き代行なら、
時間の無い方、忙しい方のための
あい相続対策支援会。
 
ここに当てはまる方は、
すぐご相談下さい
  相続手続き 遺言     相続税・節税対策

成功者は元気な内に始めています。判断力が元気な内に、60歳が近づいたら、すぐ始めましょう。
 
相続のことは気になるけど、何から始めればいいかわからない。 そんなあなたのお悩みを解決いたします
波風を立てずに、安心して出来る相続対策。
「相続なんて、まだ早いよ!」と思われるかもしれません。

しかし、相続で、なんら争いなく成功されていらっしゃる方の共通点は、
55歳を過ぎるころから、
相続対策・相続税節税対策
をご相談頂いた点です。

大事なのは、
元気なうちに、意識・判断力がしっかりしている内に始めることです。


 すでに、相続が始まってしまった方も、
 是非ご相談下さい。

            
まだ、間に合います。

 問題解決の手段・相続税節税対策は、まだ間に合います。
相続には期限も
あります。

早めの対策が運命を
左右します。 
是非、お気軽に
メールまたはお電話

048-256-1431

を下さい。

代表
 山口 貴穂


私は、
日本・アメリカでの10年以上の顧客相談を活かし、みな様の資産形成・相続対策に貢献致します。

代表者BLOG
  
 

  相続に詳しくなる。!

とりあえずは、軽く相談してみる。
  電話・メール  
 
でのご相談はこちらから

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 
あい相続対策支援会
      について

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥   相続が始まっていても、
 相続税対策・相続対策
    は間に合う!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ここに当てはまる方、時間の無い方は、すぐにご相談下さい
相続の知識を身に付ける
相続の開始-相続はいつ、
 どうやって始まるのか?

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続人の範囲と相続分
 誰が相続人になるのか?

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続人の相続分と順位
法定相続・代償分割・換価分割

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
内縁の子
(非嫡出子)の相続分-認知

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
腹違いの兄弟の相続分
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
胎児の相続分
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・
養子の相続分
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続できない人
 相続欠格と相続廃除

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
代襲相続-相続人が
   既になくなっていたら?
   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・
相続したくない時 @
単純承認相続と限定承認相続

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続したくない時 A
        相続放棄

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
特定の財産を相続
 包括遺贈と特定遺贈

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥相続分が増える-寄与分
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥どのくらい
相続分が増える?
寄与分A
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺留分-侵害できない相続分
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続分を取戻す
    遺留分減殺請求権

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続の対象となる財産
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥相続財産の調査方法
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
マイナスの財産
     ・連帯保証と相続

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
住宅ローンの相続
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
死亡退職金の相続
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
借地権・借家権の相続

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
会社・経営権の
      相続・事業継承

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
離婚後の相続
扶養請求権や財産分与請求権

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺産のわけ方
     ―遺産分割協議

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

相続人に
    胎児がいる場合は?

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺産分割協議に
       参加できない。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・
遺産分割協議書
         の記載内容

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・
遺産分割協議が出来ない時。
話合いがまとまらない場合。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺産分割を
     延長できる場合

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・
遺産分割協議前
   のチェックポイント

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
失踪宣告者が
       帰ってきた?
  遺言-上手な財産の残し方
なぜ遺言が必要か?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺言とは?  
   どんなことが出来るか

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺言で義務を負わせる
         -負担付遺贈

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

どういった場合に
        遺言が必要か?

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺言で、子供を認知する。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
生前贈与と遺贈
       どちらがよいか?

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
特別受益
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺言執行者は必要か?
        その職務
とは
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
愛人に
 財産を渡す事が出来るか?

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺言の種類と特徴
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺言書を発見したら?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺言信託とは?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
遺産分割協議後に
        遺言を発見。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
未成年
 精神病・痴呆などの場合
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
死の間際で
  遺言を残したい場合は?

相続の手続き
相続の手続き
        -不動産の場合
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続の手続き
       −預貯金の場合
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続の手続き
       −相続手続き図解
絶対損したくない!
相続税と贈与税の節税対策
相続税の対象となる財産とは?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
プラス・マイナスの相続財産
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税のかからないもの
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の対象とはならないもの
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税-非課税-葬儀費用
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税がかからない。
     相続税の基礎控除

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
6種類の相続税控除
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の評価方法
         -土地の評価

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
普通借地権付き土地の評価
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

定期借地権付き土地の場合
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
小規模宅地の評価の特例
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税対策-建物の評価
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税対策
       
-有価証券の評価

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税対策
        
-保険金の評価

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税対策
    -
退職手当金等の評価
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税対策-預貯金の評価
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税対策-年金の評価
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税対策
  -
書画・骨董品等の評価

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税対策
     -ゴルフ会員権の評価

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の算出方法と手順。
        手順1

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の算出方法と手順。
        手順2

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の算出方法と手順。
        手順3

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の算出方法と手順。
        手順4

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の算出方法と手順。
        手順5

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続時精算課税制度
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続時精算課税制度の要件
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続時精算課税制度
を利用する際の手続き

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
住宅取得資金等に係る
相続時精算課税制度の特例
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
事業承継・自社株贈与のための相続時精算課税制度

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
贈与税の配偶者控除
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
住宅取得資金贈与の特例
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の延納
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
延納期間と延納利子税
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税の物納
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税物納できない財産
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
相続税物納・財産の評価額
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 贈与税率と相続税率
 ■ ご相談・ご依頼の手順
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  お問い合わせ
     料金について

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ■ ご依頼料金比較例
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ■ あい相続支援会から
    お手紙 1 ・
 
不動産のことならハーネス
最新の相続知識は、
トップページ左のこの欄から
 
この場所では、相続に対するあらゆることを調べることが出来ます。

相続対策・遺言・遺産分割・相続手続きに対するお悩みを
波風立てずに、解決するための場所です。
左のメニューで、相続のことを調べることが出来ます。


  遺言 - どういった場合に遺言が必要か? 


どういった場合に遺言が必要か?



相続が始まってしまえば、
遺言が無くても
相続人は遺産分割を始めなければなりません。



そこで相続人間でお互いの権利を主張しあって、
相続人間の関係が悪くなるような事も少なくありません。



もちろん自分の思う通りの、
最も考慮された相続・遺産の分割をするためにも
遺言は残すべきです。


 
相続人間の末永い(すえながい)
円満を願うのは、被相続人の義務でもあります。



ここでは、
に問題が起こりそうな場合について見ていきましょう。



1・血のつながりのないもの同士が相続人になる場合。

たとえば、
再婚をしていて子供同士の血がつながっていない場合や、
先妻の子と後妻が相続人になる場合などです。


こういった場合は、
被相続人が元気な内は、
一見円満そうに見えても、相続の段階になって、
主張がぶつかり始め、
そのまま関係が悪化する事もよくあることです。



2・相続財産が多く、
 その財産の種類も多岐にわたる場合。


 たとえば、
相続財産に株式・現金・不動産など多岐にわたる場合は、
誰が何を相続するかなどで、もめる事があります。

 この様な場合でも、遺言は必要でしょう。



3・特定の者に相続分を多く与えたい場合。

 たとえば、
家業を盛り立ててくれた長男に
できるだけ多くの財産を残したいなどの場合も、
遺言が必要です。




4・法定相続人になれない者に
  相続分を分け与えたい場合。


 たとえば、内縁の妻や、
熱心に看病をしてくれた、今は亡き次男の妻に
遺産を分けてあげたいなどの場合。


 これらの方には相続権がありませんので、
遺言で遺産の分割方法を指定しておくべきでしょう。




5・子供が無く、
配偶者と両親や自分の兄弟が相続人になる場合。




6・相続人間に不和がある場合。


7・子供の配偶者に財産を分け与えたい場合。



8・内縁の妻がいる場合



9・認知した子供がいる場合



10・財産を公共事業に役立てたり、寄付したい場合。



 被相続人が生前は、
円満に見える関係でも相続が始まったとたんに、
人間関係が悪化することはよくあることです。

        「うちに限って・・・」


と軽く考えずに、あらかじめ対策をしておく必要があります。

 また、相続で問題が起こりそうな場合でも、
「遺言」で指定されていれば「〜〜の言う事だから・・・」と
問題発生前に相続人間で納得する事も考えられます。




仕事などで、時間の取りづらい方、時間の無い方、
必ず、お役に立ちます。

是非お早めにご相談下さい。




一人で考えこむ前に、是非、お気軽にご相談下さい。


しかし、相続のことは、難しく、
分からない事も多いと思います。


 そこで、
わからないことはオンラインで直接質問することが出来ます。
 また、具体的にご相談も出来ます。
いただいた、ご質問・ご相談は、
24時間以内に回答させていただきます。




電話でも、お気軽にお話できます。
 ご相談・下話・それとなく、お話してみたい方は、

是非こちらをクリックしてください




なぜ、早めに相続対策を始めなければ、
いけないのか?


相続で失敗
される方の多くのは、
相続税対策・節税対策を行っていなかった
ために、
相続人間で争い
が起こったり、相続人が想像もしなかった、
莫大な相続税
を課せられることにあります。



相続対策をしていない ↓ 

たとえ普段は中のいい家族であっても、
財産を目の前ににし、
さらに税金のことも考えなければならない
。 
といった状態から、
相続争いになるのは現実問題として良くあることです。 

 ましてや、離れ離れに暮らし、しばらく会っていなかったり、
兄弟がいる場合、血のつながりのない場合
などは、
相続対策をしていないだけでも非常に危険な状況です。



相続税ー節税対策をとっていない。↓ 

たとえ資産を持っていても、相続税のおかげで、
銀行から借金をしてまで相続税を払わなければならなくなる

こともあります。


誰もが、最期のことなど考えたくもないのは同じです。

 しかし、適切な相続対策・節税対策をとっておかなければ、
残されたご家族に、そのツケが回ってしまう
のです。

大事なのは、元気なうちに、
意識・判断力が若いうちに対策をとっておく
ことなのです。


 今や、相続対策は一般的になってきました。
 健康管理などの老後の対策とともに、
誰もが始めていることなのです。


        「自分には、相続はまだ早いよ〜」


        「自分には、相続は関係ないよ〜」



と思われている方も
残された家族が争いあったり、
莫大な相続税に苦しんでからでは遅すぎます。

健康管理と同じく、
あらかじめ元気なうちから始めることが
常識となってきているのです。



すでに相続が始まってしまった方も、是非ご相談下さい。
相続税ー節税の可能性はまだまだあります。



  しかし、すでに相続が始まってしまっている場合は、
10ヶ月間という、時間的な制約(期限・タイムリミット)があります。


大変なことになる前に、是非お早めにご相談下さい。


           
是非、お早めにご相談下さい

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 リンク    |お問合せ|       |ホームへ|                ページトップ▲

埼玉県川口市・さいたま市・鳩ヶ谷市・蕨市・東京都での相続税対策・相続手続き・遺産相続対策・相続相談
「相続とは?」 を知るサイト。借金のある方不動産のある方・分割の方法が難しい方の相続はお任せください。